HITORIGOTO
思いついたことを気ままにツラツラと綴るページです。

 お知らせいろいろ

2020.3.24(火)


ここのところ、ずいぶん暖かい日が続いていて、庭の梅が咲き始め、クロッカスやプリムローズ、リュウキンカの黄色い花が少しづつ、春の彩 りを添えてくれていたのに…。今朝から『ドカ』雪ですよ!真っ白ですよ。もう10cmくらい積もってますよ…。いつまで降るんだろうか、これ。ま、この時期の雪は全然珍しくはないのですが、今年は全体的に花が早いので、ぜっかく咲いた花が雪の下になってしまうのは、ちょっとかわいそうで…。

さて、春先から色々なイベントが中止や延期になっております。当方も例外では無く、どうしようかと考えております。そこで、現時点で分かっている事を、お知らせしたいと思います。

【直接参加のイベントについて】
3/22 文学フリマ前橋 【中止になりました】

5/04 コミックマーケット98 【当選】
5/17 コミティア132 extra 【申込中】

C98とコミティアにつきましては、今後、開催、中止にかかわらず、今回は不参加とさせて頂く事にしました。大変申しわけありませんが、どうぞご了承ください。

【委託参加のイベントについて】
6/03〜28 ブックフェア   MOTOYA Book Cafe Gallery 【申込中】
6/19〜23 豆本の宇宙2020 メゾンドネコ 【申込中】

上記のイベントにつきましては、主催者側の中止、延期がない限り、参加します。

秋以降のイベントにつきましては、可能であれば参加したいのですが、状況がまったく見えないので今のところ未定です。そこで、期間限定で通 販をしようかな、と検討中です。色々考えてみて出来そうでしたら、またお知らせしたいと思います。

当初の予定では、C98合わせで新刊1冊、6月のブックフェア合わせで新刊1冊でしたが、C98が不参加になりましたので、新刊2冊一緒に6月のブックフェアで初売りになりそうです。完成次第、こちらでお披露目出来たらいいな、と思います。

色々とバタバタして申しわけありません(汗)また、今後も何か変更等ありましたら、随時こちらでお知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


 イベント中止のお知らせ

2020.3.12(木)


今月22日に予定されていました、文学フリマ前橋は、中止になりました。とても楽しみにしていたので、残念です…。また機会がありましたら、ぜひ参加したいと思います。

余ったレモンがあったので、輪切りにして砂糖漬けにしてみました。1週間くらいで、レモンシロップの出来上がり〜。紅茶に入れたり、お湯で割ってホットレモンにしたり、アイスやパンケーキにかけても。ガラスの入れ物ごと、トレース台に乗せて下からライトをあてて写 真を撮ってみたんですが、うーん、いまいちだなぁ。


 スポンジ リベンジ

2020.3.2(火)


3月に入りました。
明治の初めころ、陽暦(新暦)を採用する以前の日本では、陰暦(旧暦)で、和風月名という、季節感のわかる言葉で各月を表現していました。で、3月は『弥生』なのですが、なぜ『弥生』なのか、ちょっと調べてみました。 弥生の「弥」はいよいよ・ますます、「生」は草木が芽吹くことを意味するそうです。したがって『弥生』とは、『草木がだんだんと芽吹く時期をさす言葉』ということになります。 もともと『弥生』を『いやおい』と読まれていたものが変化して『やよい』になったそう。ちなみに他にも3月の別 名はたくさんあって、『花見月 はなみづき』とか『春惜月 はるおしみづき』とか『夢見月 ゆめみづき』なんていう素敵な名前もあります。個人的には、4月の『木葉採月 このはとりづき』や、6月の『弥涼暮月 いすずくれづき』『蝉の羽月 せみのはづき』、7月の『愛逢月 めであいづき』、11月の『露隠端月 つゆこもりのはづき』なんかが好きです。特に声に出して読んでみると、さらに素敵です。色の名前もそうですが、日本人の感性は本当に豊かで、素晴らしいな、と思います。そして、こんなに素晴らしい言葉があるということを、たくさんの人に知って欲しくて、以前「季節の結び目 風唄い」という豆本を作りました。日本だけでなく、世界にも、おもしろい月の異名があるので、興味のある方は調べてみてくださいね。


連日、様々なニュースが流れてきて、若干テンションが下がり気味に…。そこで気分転換に、以前作って上手く出来なかった、スポンジケーキを再度焼いてみました。この前は、何となくパサパサしてしまって、いまいちだったので、色々調べて作り方を変えてみたところ、前回よりもふわっと、しっとり、な、スポンジになりました!!ポイントは、卵と砂糖を混ぜる時、湯煎をしないこと。ハンドミキサーを動かさずにボールを回すこと。焼き型にわら半紙を敷き、焼きあがったら、わら半紙ごと布巾でくるみ、荒熱が取れたらそのままラップで巻いて一晩寝かせる、ということです。スポンジケーキは材料や作り方がとてもシンプルなだけに、とても難しいんですよね〜。お寿司でいうところの、たまご、みたいなものでしょうか。少しコツがつかめたので、さらに上手く出来るように、もう一回作ってみようかな、と思います。

 ちょっと一息

2020.2.21(金)






























久々の更新です。(また少し空いてしまった…)いかがお過ごしでしょうか。
制作の合い間をぬって、「酒粕チーズケーキ」なるものを作ってみました。とはいっても、クリームチーズや生クリームは入っていません。主な材料は、酒粕と水切りヨーグルトです。なので、お財布にやさしく、ついでにヘルシー(笑)若干、酒粕の味が強いので、お酒に弱い人は苦手かもしれません。レシピには無かったのですが、クルミを入れたので、食感が変わって楽しめました。甘さが控えめなので、お好みでメープルシロップをつけても美味しいです。(ヘルシーの意味が無い…汗)ヨーグルトの酸味と酒粕の風味が絶品です。


制作がだいぶ佳境に入りまして、来週には紙の発注をする予定。で、そのための紙選びです。試し用に作ったラフ画を見つつ、手持ちの物や、見本帳をひっくり返して、あれこれ組み合わせを考えております。作品によって違いますが、本文から選ぶ、または表紙から選ぶ事が多いです。今回は表紙からまず決めて、それに合わせて本文用紙、見返し、スリーブ(または箱)となります。これが毎回苦労するところで。いったん決めても「あ、やっぱりこれはこっちの紙の方がいいかも」となると、他全部選び直しなんですね…。いつもぎりぎりまで悩みます。今回は、大丈夫だと思うのですが…(そうだと思いたい 汗) 来月のイベントのディスプレイもほぼ決まりまして、あとはポップと余裕があれば、ペーパーも作ろうかなー、と思っています。というか、イベント自体が開催されるのか、微妙な感じです。(いまのところ、公式サイトでは開催する方向のようです)万が一中止になったら悲しいですが、まあ、仕方がないのかなー。とりあえず、今は色々な準備をしっかりしておこうと思っております。ネットでも様々な情報が飛び交っておりますが、まずは手洗い、うがい、マスク、なるべく人ごみに行かない等々、できることをしていきましょう。


全然関係ないですが、「映像研」が面 白すぎてハマっています(笑)

 キツネとタヌキ

2020.1.26(日)


ずいぶんと更新が滞ってしまいました(汗)相変わらず、制作の日々です。久しぶりに、少し文字の量 が多くなりそうで、文章を書いては消し、書いては消し、の繰り返し。本当に文章を綴るのは、難しいです。

さてさて、そんなことをしていたら、文学フリマさんからメールが届き、3月のイベントのスペースが決まりました。オ-23になります!会場案内図でみると、ちょうど真ん中あたりでしょうか。おおー。なんかドキドキしてきます。webカタログを見ると、初参加の方が結構多いんですね。他にもみなさん、様々な作品を作られていて、とても楽しみです。で、早速ディスプレイを考えてみました。今回は、900×600で、いつもより奥行きが少し広くなります。なので、通 常とは違う感じにしよう、とあれこれ什器を組んでみました。とりあえずおおまかな形は決定。あとはポップですね。こちらのデザインも、少し考えようかと思います。後、最大の問題が、何をどれだけ持って行くか、ということ。まあ、こればかりは、行ってみないとわからないので、もう推測で持って行くしかないですね〜。せっかくスペースが広いので、有効に使って、楽しめるようなスペースにしたいなーと、思っています。

全国的に暖冬が続いていますね。ここまで来ると、もう本当に異常の中の異常…な気もします。圧倒的に雪が降らないし、異常な暖かさ。そのせいかわかりませんが、先日、夜縁側で物音がするので、見てみると、なんとタヌキがこっちを見ているではありませんか!!いや、タヌキ自体はそんなに珍しくはありません。以前も時々来てはいました。但しその時は、かなり痩せ細っていて、ふらふら歩いていた感じ。が、この間のタヌキは、丸まると太っていました。それからしばらくして、再び物音がしたので「さてはまたタヌキだな?!」と、見てみたら、やっぱり同じように太ったタヌキが!が!その後ろにもう1匹!「2匹かい!!!」っていうか、増えてるし!いや、まじでびっくりしました(汗)なんか、どんどん増えたらどうしよう。山から来ているのかなー。それとも、どこかの空家に棲みついているのかなー。タヌキって、大所帯だよねぇ。2匹だけ、ってことは無いよねぇ。うーん。そういえば、去年、縁側に置いておいたサンダルがなぜか片方無くなる事件が頻繁に起きて、本当に謎だったんだけど、ある夜にものすごい大きな、しかも聞いた事のない動物の声がして、思わず外へ出たらお隣さんも出て来て「あ、目が光った」と言って結局この時はわからなかったんだけど、あとで調べたら、どうやらキツネらしい事が判明。キツネはくつやサンダルを持って行くらしいし、ようやく犯人が分かった感じでした(まあ、確実な証拠はないんだけども)

今年の大寒は、異常な暖かさでしたが、あと一週間ほどで、もう立春なのですね。いや、なんだ、普通 はたくさん雪が降って真冬日が続いて「うー、寒いよー」と思いつつも「立春」という季節の節目を迎えると「あー、もう少しで春が来るのねー」と希望が持てたんだけど、このまま立春、とか言われても、いまいち実感がないような…。毎年この時期になるとニュースになる諏訪湖の御神渡りですが、当然今年は無理。というか、緒神渡りどころか、このままでいくと真冬日が一日も無いんじゃないか?と。半世紀生きて来ましたが、真冬日が一日も無いって、経験した事が無いよね?(汗)そう考えると「雪が無くて楽」などと楽観している場合では無いような。世界規模でおきている異常気候。うすら寒くなるのは私だけでしょうか…。


 あけましておめでとうございます

2020.1.8(水)


いうことで、新年最初のごあいさつです。(そのわりにはかなり遅くなってしまいましたが…汗)
今年のお正月料理オードブルは、左上から右回りに「ポテトとアンチョビとカマンベールチーズのキッシュ」「海老団子の枝豆あんかけ」「イチゴとリンゴの赤ワインマリネ」「モッツァレラチーズのみりん醤油漬け」の4品でした。一昨年からこの白い四分割のお皿を使い始めたのですが、ちょこっとしたおつまみや、お料理を乗せるのに丁度良くて、今年も使ってみました。手が込んでいるように見えますが、とても簡単に作れます。キッシュのチーズはお好みでゴルゴンゾーラにしてもいいかも。イチゴとリンゴのマリネは、思った以上にワインが効いていて美味しかったです。ヨーグルトをかけたり、パンケーキやアイスクリームに添えてもいいですね。


小寒、七草と過ぎ、鏡開き、小正月、大寒と続くわけですが、いや、本当に雪が降りません。先日ちょっと降ったのですが、それでも5cm程度で、それも今朝からの雨でほとんど溶けてしまいました。この時季に雨、しかも最高気温が13度とか、ちょっとあり得ないというか…。実は、地元で50年以上親しまれたスキー場が今シーズンで閉鎖されるというニュースを最近知りました。オリンピックでも使われたスキー場で、子供の頃学校のスキー授業でもよく行った所です。スキーをする人が減った事もありますが、やはり一番の原因は、とにかく雪が降らないのではないかと思います。家の近くからでもゲレンデが見えるくらい、身近で気軽に行けるのが人気でしたが、それはその分標高が低いということ。近年の温暖化で雪が少なく、営業日が減ってしまったのでしょうね。初雪も遅くなったし、そもそも年内に雪がほぼ積もらない。年が明けて降ってもすぐ雨で溶けてしまう。もう何年も根雪を見ていません。最後に見たのっていつだろうか…。昔は毎日雪かきをしていたけど、最近は1シーズン通 しても、数えるくらいしかしません。かまくらや、雪だるまを作ったり、雪合戦ができるほどの雪は、もう降らないのでしょうか。本当に、年々心配になってしまいます。冬になると、山の中腹に真っ白いスキーのコースが見えるのが、普通 の、冬の景色だったのですが、その当たり前の風景が今年限りで見られなくなるのは、やはり寂しい限りです。

さてさて、心配ばかりもしていられませんね。今年の抱負など。今年は、少し「新しい事」をやってみたいです。作品作りにおいてもそうですが、日頃の生活の中でも、普段なら選ばない方とか、無意識に避けている物に、手を延ばしてみようかな、と思っています。なかなか難しいかもしれませんが、何か新しい発見があるかも?と少しワクワクもあります。そんなわけで、まず手始めに3月に開催される「文フリ」に初参加します! おおー。自分でもびっくり。どっきりです。今さらですが本当に大丈夫だろうか??やっぱり場違いなんじゃないか?とか、不安いっぱいです。でも、どんな人たちと出会えるのかなー、と楽しみもあります。来てくれた人に楽しんでもらえるよう、あと2ヵ月、頑張りたいと思います。新刊については、現在鋭意製作中です。(ちなみに新刊は5月発行の予定です)今のところ2冊はほぼ確定で、3冊目ができるかな〜?どうかな〜?という感じです。いずれにしても、自分が楽しいなー、と思える事を信じて、1冊1冊、今まで通 りに丁寧に作って行こうと思います。あっ、あとやっぱり、運動!少しでも歩かないとー!本当に小ブタになってしまう(笑)でも、お菓子作りも止められないなぁ。誰か食べてくれる人いないかなー?(笑)こんな感じですが、本年もよろしくお願いいたします。

 今年もお世話になりました

2019.12.25(水)












































冬至も過ぎて、今年もあと1週間となりました。なんか、全然、年末感が無いんですけど…(汗)うーん、やっぱ、あれか。雪かな。そう、雪が降らないんですよ。チラチラ舞ったりはするのですが、積もらない。ひと昔前は「クリスマス寒波」とかいって、この時期はドカッと雪が降ったりするんですが、もう何年も、「ホワイトクリスマス」になった記憶が無い…。(雪どころか雨だもんなー)


「キルタンサス」南アフリカ原産、ヒガンバナ科、別 名「笛ふきスイセン」。数年前にひと株、頂いたもの。結構増えました。小さなラッパのような、とてもかわいらしい花です。花に近づくと、とても甘く良い香りがします。花の無くなる冬、日当たりの良い南側の廊下でたくさん咲いてくれる、癒しのお花です。

今年のクリスマスは「紅茶とモモのケーキ」を焼いてみました。丁度良いレシピが無かったので、適当にアレンジして作ったので、味も微妙になってしまいました(汗)いや、美味しいんですけどね、肝である、スポンジがねー。もう少しふわふわにしたかったというか。後で色々調べたら、ずいぶんとやり方を間違えていたみたいで。まあ、人によってやり方は違うのでなんともですが、材料も方法も単純なだけに、奥が深くて難しい。もう一回リベンジだー!

今年も1年、たくさんの人にお世話になり、ありがとうございました。豆本は、結局2冊しか作れませんでした。本当は3冊くらい作りたいのですが、諸々の事情を考えると3冊は難しいかなーと。とりあえず、無理せずに1冊1冊、丁寧に作りたいと思います。あとはもう体調管理!年1回はなにかしらやらかすので。(今年も救急かけこんじゃったしなー 汗)引き続き運動もがんばります(笑)皆様も、どうぞ、カゼなどひかれませんように。よいお年をお迎え下さい。











Copyright (C) honoka All rights reserved.