HITORIGOTO
思いついたことを気ままにツラツラと綴るページです。

 つらつら

2020.7.31(金)


今年の梅雨は、いつ明けるんだろう?と思っていたら、もう7月もお終い…。来週にはようやくお天気になりそう。今日も日射しが強くて、一気にセミが鳴き出しました。とはいえ、あと1週間もすれば、立秋だから、秋の虫たちがもう鳴きはじめるかもですが…。

MOTOYAさんでの展示会は、ギャラリーの方は無事に終了いたしました。また、オンラインの方は8/2まで開催しておりますので、どうぞご利用下さい。
来月8/5から、岡山のテトラヘドロンさんで、恒例の豆本の展示会が始まります。新刊と既刊を4種類程展示販売いたします。こちらもよろしくお願いいたします。

先の事はなんともわかりませんが、今迄のようなイベント(特に関東、首都圏)は、当分の間参加は難しいような気がします。その間、新しい作品を作るのはもちろん、今迄とは違う形での発表の場を探して行けたら、と思っています。とりあえず、秋ごろをめどに、このサイトで通 販をする予定です。現在、絶讃準備中ですので、もうしばらくお待ち下さい。

今年は梅があまり採れなかったのですが、かわりに(?)ささげがものすっごく、採れます(笑)大量 のささげを前に、今日はお味噌汁、明日はゴマ和え、その次は天ぷら、クルミ和え、煮物、あとは、えーと、えーと。「涼しいと、ささげはたくさん採れるのよ」と、知り合いの農家の方が教えてくれました。 そういえば、7月はずっと雨続きで、涼しい日が多かったもんねー。でも喜んでもいられない。暑くならないと、稲が育たないし、もろこしも甘くならない。うーん。涼し過ぎても暑過ぎても、上手く行かないのねぇ。さあ、もうすぐ梅雨明けだ。夏野菜のカレーに、ラタトゥイユに、生春巻きに、
パクチーたっぷり入れてフォーも食べたいなーvvvv


 蒸しぱんはいかがですか?

2020.7.14(火)


ひさしぶりに、蒸しパンを作ってみました。たま〜に、食べたくなるんですよね〜。 とても簡単に作れるレシピです。

【ほうじ茶チーズ】
1、薄力粉60g、ベーキングパウダー6g、ほうじ茶パウダー20gをふるっておく。
2、牛乳60cc、砂糖30g、サラダ油6gをボウルで混ぜておく。
3、チーズを7ミリ角くらいに切る。
4、2に1を入れて混ぜ、3のチーズも混ぜる。
5、カップに敷き紙を入れて4の生地を入れ、蒸し器で10分くらい蒸す。
※チーズはお好みで。プロセスチーズがおススメ。

【チョコココア】
1、薄力粉60g、ベーキングパウダー6g、ココア大さじ1をふるっておく。
2、牛乳50cc、砂糖45g、たまご37gをボウルで混ぜておく。
3、板チョコレートを割っておく。
4、クルミをトースターで少し焼き、割っておく。
5、2に1を入れて混ぜ、3のチョコ半分と4のクルミを混ぜる。
6、カップに敷き紙を入れて5の生地を入れ、残り半分のチョコを上に乗せ、蒸し器で10分くらい蒸す。
※3はチョコチップでも良いです。
※クルミは無くても大丈夫です。

【さつま芋チーズ】
1、薄力粉60g、ベーキングパウダー6gをふるっておく。
2、牛乳60ccと砂糖30gをレンジで温めて混ぜておく。
3、チーズを7ミリ角くらいに切る。
4、さつま芋を7ミリ角くらいに切り、ラップをかけレンジで加熱しておく。
5、2に1を入れて混ぜ、3のチーズと4のさつま芋を混ぜる。
6、カップに敷き紙を入れて5の生地を入れ、蒸し器で10分くらい蒸す。


分量 については、それぞれ、カップケーキ用の型4〜5個分くらいです。(底が直径5cm、高さが3.5cmくらい) ココット型でも良いかもしれません。調理時間は目安です。竹串をさして何もついてこなければOKです。 ぜひお試しあれ〜。

【おしらせ】
今月からMOTOYAさんで開催中のBOOK+ですが、おかげさまで初回納品分は完売いたしました。ありがとうございます!先日、追加納品いたしましたので、引き続きよろしくお願いいたします。また、オンラインにつきましては、8/2の17:00まで延長することになったそうなので、ぜひご利用ください。


 新刊お披露目

2020.6.30(火)


今日で6月もおしまい。早いもので、今年も半分が過ぎました。そして、6月30日は、生活の中で知らず知らずに身についた罪や穢れ、災厄をお祓いする 「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」ですね。この半年間についた不浄なものを祓い、清らかな状態で次の半年を過ごせるように行うものです。今年はコロナのこともあるし、念入りにお祓いしてほしいような…。まだ経験したことがないので、いつか体験してみたいです。

さて、大変お待たせしました。新刊のお披露目です。なんと2冊同時発表です!(まあ、イベント無かったし時間あったからねぇ 汗)

『ビブリオ男子の大学ノート』

本が大好きな図書委員、中学2年の保志川めぐみが拾った大学ノートは何とも摩訶不思議なノートで…?
こんな図書館があったらいいな〜、という想いを込めて作った作品です。図書館の名前を考えるのが難しかったけれど楽しかった〜。本文には、主に図書館や本にまつわる、色々な「紙モノ」が貼り込んであります。自分で集めたものや、図書館で見つけたものをもとにして作ってみました。(去年の秋に図書館巡りをしたのは、この本のために資料を集めるのが目的でした〜)あちこちに押してある「ハンコ」を探したり無い物は自分で作ったり。ぺたぺた押すのが楽しかったです。

一番の見どころ(?)は、この貼り込んである紙の「手書き文字」は全部「直筆」なんですよ〜。最初はスキャンして印刷しようかと思ったのですが、字が小さく風合いがいまいちだったので、「もう面 倒だ!」と、一枚一枚手書きにしてしまいました。うーん、かえって手間だった気も…(汗)見どころその2。見返しは、実際に私が中学の時に使っていた図書カードを、カラーコピーしてコラージュしたものをスキャンして使っています。字が下手ですねー。ま、今もですけど。読んでいた本がバレバレで、ちょっと恥ずかしいですが(汗)


『ビブリオ女子の自由ノート』

保志川めぐみが、書界に赴き、大学ノートに書かれていた不思議な図書館を巡り描き記した絵日記。
『ビブリオ男子の大学ノート』の続編です。というか、実はこの2つのお話はもともとひとつだったのですが、あまりにも内容が多すぎて1冊にまとまらず、結局2冊に分けたという…(汗)スリーブのデザインを考えるのが楽しかったです。今後もこのパターンでいく予定。ラベルは一度印刷してから紅茶で染めたらあのようになりました。偶然の産物ですが(笑)結構気に入っています。

内容に関して。今回はいつもよりも文章が多くなりました。小説、とまではいきませんが、やっぱり文章って難しいですね。助詞の使い方とか。絵もそれなりに大変ですが、文字で伝えるのはまた違う意味で大変だなぁと。ページ数や本のサイズも、今まで作った中でも一番ボリュームが大きいかもしれません。(イクチオは80ページありますが、あれは糸綴じだったからなー)当然ですが、ページ数が多いので、製本もそれなりに大変です(汗)60ページを一度にのり付けするのは、容易ではありませんでした…。(よく貼れたなぁ)
もともと図書館について色々調べているうちに、あれもいいな、とかこれも入れよう、とか、想像がどんどん広がって、お話の世界もどんどん大きくなっていったという…。まだまだ読みたい本もあるし調べたい事もあるので、お話ももう少し練る予定。今のところ何とも言えませんが、このシリーズ、結構長くなるかもしれません(汗)

今年はイベントに一度も参加できていないので、明日7/1からMOTOYAさんで開催される「BOOK+」が初売りになります。オンラインでも販売されるそうなので、そちらもぜひご利用下さい。

そういえば、先日の日食ですが、なんとか見ることができました。思ったよりもたくさん欠けたので、ちょっと感動(笑)台湾は金環日食だったそうですね。次に日本全国で見られるのは2030年。北海道は金環日食が見られるかもしれません!まあ、10年後、なんですけれどね…。


 夏至と日食

2020.6.21(日)


今日は夏至です。ということは、明日からまた少しずつ日が短くなる…。毎年ですが「え?もう夏至なの?」という感じです(汗)今年はコロナのせいもあり、いつもよりも余計にあっという間だったような気がします。しかも、夕方には部分日食もあるということで、何となくスピリチュアルな気分になりますね。まあ、お天気が微妙なのですが、見られると良いな〜。


MOTOYAさんでの恒例展示会「BOOK+」のお知らせをアップしました。7/1〜26までです。今年はオンラインでの販売もされるということですので、お店に行かれないけど、見てみたいな〜という方はぜひこちらをご利用ください。
また、8月に岡山のテトラヘドロンさんでの展示会にも参加する予定です。こちらも詳細がわかりましたら、アップしますのでしばらくお待ち下さい。

写真は、夕立ちの後のコリアンダーです。水滴に西日があたってキラキラしてとてもきれいだったので撮ったのですが、写 真にすると何か、美しさ半減ですね(単に撮影が下手なだけかも 汗)


 レモンケーキはいかが?

2020.6.12(金)




































梅雨に入りました。乾ききった地面 が水を吸い、植物たちが生き生きと生い茂る様を見ると、なんとも、ホッとします。まあしかし、今度は湿度に悩まされるのですが…。
少し気分転換に、レモンケーキを焼いてみました。これ、とっても簡単。下記の材料を順番に混ぜて焼くだけです。

1、ホットケーキミックス  150g 
2、たまご         1個
3、溶かしバター      60g
4、はちみつ        30g
5、レモン汁        30cc
6、レモンの皮のすりおろし 適量 ※無くても可

パウンド型(8×17×5)に、クッキングシートを敷き、タネを入れて180度で3〜40分焼きましょう。 焼き上がったら、表面にはちみつを塗ります。レモンの輪切りを上に乗せて焼いてもいいですね。 ふわふわ、しっとり。お試し下さい。


去年植えたカルミアの花。今年は2房しか咲きませんでした…。 つぼみがお菓子みたいで、とてもかわいいのです(どう見ても「アポロチョコ」) 来年はもっとたくさん咲いて欲しい。


新刊は、ほぼほぼ完成しました。来月のMOTOYAさんでの展示会に向けて、納品の準備中です。一段落しましたら、こちらでお披露目したいと思います。展示会の詳細も、分かり次第お知らせしますので、もうしばらくお待ち下さい。

 お花いろいろ

2020.5.26(火)






























『目に青葉 山ほととぎす 初がつお』
そんな句がぴったり似合う今日このごろ。山の緑が、匂うように濃く鮮やかです。この前、街へ出かける途中で、ウグイスとカッコウの鳴き声を聞きました。とてもきれいな声で、鳥たちも春から夏へ季節がうつろっているようです。

さてさて、制作にすっかり忙しく、咲き誇るお花の写真を撮ってはいるものの、アップする時間が無くどんどんたまる一方で…。さすがにこの辺りで一回載せなければ…。ということで、家の回りのお花特集(?)です。


モッコウバラ。


白もありますが、やっぱり黄色が好きです。


シャクナゲ。今年は開花が遅かったなー。やっと咲いてくれました。


車葉草。別名ウッドラフ。小さい花がとてもかわいいです。


こちらも小さいです。コリアンダー。パクチーともいいますね。


手前の白いのがレースフラワー。後ろの青いのは丁字草。


有毒植物とは思えないほど可憐なスズラン。

ちょっと地味なお花ばかりですが、近くで見ると、とても繊細でかわいいです。
昨日は新刊用のスリーブを作っていて、ちゃんと試作をしたにもかかわらず、「入らない…」ことが発覚し、 発狂しそうになりながら、なんとか作り直しました…(汗)完成まであともう少し。がんばります〜。

啄木鳥探偵処のOPが、かっこ良過ぎて、ついエンドレスで聞いてしまいます(笑)




















Copyright (C) honoka All rights reserved.