HITORIGOTO
思いついたことを気ままにツラツラと綴るページです。

 鎌倉ものがたり

2017.12.15(金)
























先日、映画「鎌倉ものがたり」を見てきました。市内の映画館だったのですが、久しぶりに行ってびっくり。今までカウンターでチケットを買っていたのに、全部販売機になっていた。これも人件費削減なのでしょうかね。ちょっと寂しいというか、味気ないなぁ、と。映画の方は、まあ、突っ込みどころは多少ありますが(笑)全体的に面 白かったです。あきこさん、かわいかったですね〜。予想外に泣いてしまいました。欲を言えば、黄泉の国(あれ?世界だっけ?)へ行ってからの展開が早かったなーと。個人的には死神が好きです。まだ謎が残っているようだし、続編もあるのかな?楽しい2時間でした。

先週から始まっています「honokaの豆絵本とクリスマス展」。前回写 真を撮りそびれてしまい、昨日撮ってきました。 奥の方にドールハウスが飾ってあります。ミニドールもありますので、手にとってご覧下さい。展示は26日(火)までです。明日16日は15時と16時から「キルケの鍵」の朗読会があります。入場無料なので、お近くにお越しの際はぜひお立寄りくださいませ。

 


 コミティア終了しました

2017.11.26(日)


先日開催された、コミティア122は、無事に終了いたしました。当日は朝から雨で、足下の悪い中、ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!実は今回、いつもと違うジャンルで参加してみました。まわりのサークルさんや、客層が若干違っていてちょっと新鮮でした。そんな中手にとって読んでくれたり、以前購入して下さった方が立ち寄ってくれたり、たくさんの方とお話ができて楽しい1日を過ごせました。お隣のサークル様にも大変お世話になり、ありがとうございました。いろいろ準備に時間がかかってしまい、前日までバタバタしてしまったのが反省です(汗)次はもう少しテーマをしぼってみようかな、と思っています。

さてさて、お知らせです。クラクサの12月の作り手として、来月12/7〜26まで、「honokaの豆絵本とクリスマス展」を開催します。いつもより少し多めに豆絵本を並べます。昨年好評だった、ドールハウスの展示もあります。そして、関連イベントとして、なんと!「キルケの鍵」を台本にした朗読劇を行います!演出はお店番でもお世話になっている作家のシモン羽布さん、出演は若手女優の伊藤優さん。いや、自分で作ったお話を他の人が読む、というのは結構恥ずかしいもので、今からドキドキですが、あの「キルケの鍵」がどんな風になるのか、とても楽しみです! 入場無料なので、お近くにお越しの際はぜひお立寄りください。

1週間ほど前、今シーズンはじめて雪が降りました。初雪にしては結構積もって、庭の紅葉が一度に落ちて一面 真っ赤なじゅうたんになりました。気づけばもう11月も残り少なく…。また何かと追われる師走がすぐそこまでやってきています。カゼなどひきませんように、ご自愛くださいませ〜。


 もう年の瀬?いやいや、まだ11月です

2017.11.8(水)


ハロウィンが終わったと思ったら、あっという間にクリスマスモードに入り、最近はそれすら飛び越えて、おせちのちらしやらCMまで見る始末。一応まだあと2ヵ月あるんですけどねぇ。

立冬も過ぎ、各地で最低気温がどんどん低くなり、初霜、初氷の便りも聞かれる今日このごろ。この次は初雪のニュースだろうか…。それにしても、昨日は暖かい立冬でしたね〜。それだけに、この後が怖いんですが。すぐ後ろの山々も、いつの間にかすっかりきれいに紅葉していて、まさに「山装う」。もういつ雪が降ってもおかしくないなぁ、と思っていたら、ついに週間天気予報に「雪だるま」のマークが!!!ぎゃー。ううう。覚悟を決めて、冬支度に入らないといけないのね…。そう。それなのに、なぜかベランダまで延びて夏の間ぜんっぜん、まったく、花が咲かなかった朝顔が、ここに来て「満開」という…。うーん。確か去年もこうだったんだよね。本当ならもうそろそろ片付けないといけないのに、「満開」だもんねー。いつまで咲くんだろうな〜。

夏頃からひっそり(?)始めた「月に一度はお蕎麦を食べよう」運動ですが、先日は駅ビル内の「草笛」さんへ行ってきました。ここも入るのは初めて。「くるみそば」が有名だということで早速注文。器にくるみをすり潰した甘いペーストが入っていて、そこに蕎麦つゆを少しずつ混ぜて食べるのだそう。おおー!くるみの香ばしさと甘さが絶妙で、美味しかった〜。これはおすすめです。ただし、ここのお店はお蕎麦の量 が多めで、店員さんに「少なめにもできますが」と言われたのですが、そもそも普通 がわからなかったので、とりあえず「普通で良いです」と言ってしまったんですね。少なめにすれば良かった…。確かに多いです。がっつり食べたい人は大丈夫ですが、小食の人は「少なめ」の方が無難。もちろん全部食べましたよ〜。他のランチ定食もおすすめです。さてさて、次はどこへ行こうかな〜。

善光寺大門にある「クラクサ」では、月ごとに、一人の作家さんのプチ特集?みたいな展示をしています。ということで、去年に続いて今年の12月も私が担当することになり、豆本の展示をすることになりました!日程は、12/7(木)〜26(火)までです。また詳細が決まりましたらこちらでお知らせいたしますので、もうしばらくお待ち下さい。

そんなわけで、現在は、再来週のコミティアと12月の展示会に向けて、制作の日々を送っております。新刊はありませんが、ちょっと昔の作品を持っていく予定です。あ、そうだ。そろそろ年賀状も考えないと。


 きりぎりすとにあり

2017.10.24(火)


先日の台風は久々にすごかったですね…。私の部屋がちょうど北側の2階なので、深夜というか、明け方?ものっっすごい風が「ゴーーッ」と吹くわ、唸る音がものすごいわ、揺れるわで、過去2回ほど大きな地震があって、築30年以上の我が家。本当に倒れるんじゃないかと思うくらいでした。おかげでほとんど眠れず…。各地で被害も出ているとのこと、お見舞い申し上げます。

二十四節気をさらに3つに分けた、七十二候というのがあります。それでいくと、今年は10月18日〜22日頃が「蟋蟀在戸 きりぎりすとにあり」、 となっていて、キリギリスが戸口で鳴く頃、なのだそうです。だんだん冬に近づくにつれて、虫たちも暖かい家の側に来るのでしょうか。夜になるとずっと聞こえていた虫の声。今までは寝る時に窓を閉めるとあまり聞こえなかったのですが、最近しっかり窓を閉めていても、よく聞こえるようになったのは、そのせいなのかも。そういえば、この前玄関に止めてあった自転車のハンドルに、緑色の見なれない虫が止まっていて、あとで調べたら「ウマオイ」でした!初めて見たわー。これがウマオイかー。こんな近くまでやって来るなんて、冬も近いんでしょうかね。ちなみに23日は霜降で、23日〜27日頃までは、七十二候だと「霜始降 しもはじめてふる」。北海道は大雪。富士山も初冠雪!!ベランダから菅平や志賀高原方面 を見ると、上の方がうっすら〜、と白っぽい…。もっとゆっくりしたいのに、日々の生活やら仕事に追われているうちに、季節はどんどん過ぎていってしまいます。

先週、クラクサのお店番をしていたら、豆本をたくさん買ってくれたお客さまがいて、お話をしたら岡山のイベントにも来てくれていたとのことだったので、「岡山からですか?!」と聞いたら「いえ、実は北海道からなんです」「!!!!」いや、びっくりしました。そしてとても嬉しかったです。遠方からわざわざ来て頂けるなんて、本当に感謝です。ありがとう。楽しんで読んでもらえたら幸いです。クラクサはもちろん、イベントにも足を運んでくれる人とお話するたびに、もっと良い作品を作らないと、と思います。

11月のコミティアのスペースが決まりました。「う43b」です。5月のコミティアが不参加だったので、なんと今年初コミティアです(汗)ちょっと寒い季節ですが、今回は少し昔に作った、なつかしい豆本も持っていこうと思っています。(現在絶賛製本中!)あと一ヶ月、がんばります〜。


 最近の事

2017.10.10(火)


前回の更新から一ヶ月近く…。大変申しわけありませんでした。実は、モニターの調子が悪くて、更新出来ず…。な、状態でした。そろそろ更新しないと〜、と思ったところ、消したはずのモニターが時々「パッ」と何やら小さなメッセージがチラッと映るので「???モニター電源切ったはずなのになんで?」みたいな感じで、いざパソコンを立ち上げると、モニターがついたり消えたりで、うそでしょう?!壊れた?!と、プチパニック。とりあえず電源ボタンを押し続ければ普通 に画面は見られるので、ちょっとひとまず消しておこう、というわけでシステムをシャットダウンしてしばらく様子を見ることに。その後もたまに「パッ」とついたりしていたのですが、だいぶ落ち着いてきたので、どうかな〜?!とドキドキしながら、久しぶりにパソコン立ち上げてみました。なんとかモニター見られました…。よかったー…。良く考えたら、新しいiMac買ったけど、豆本のデータ作ったり、HPのテキスト作ったりしてるのは、もっぱらMacのG3を動かしているので、今使っているモニターが壊れたらどーにもこーにも、もう泣くしか無いというか(汗)うーん。何か考えないとまずいわー。

さてさて、更新出来なかったこの一ヶ月の間にいろいろありましたよ。まあ、主に制作をしていたのですが、すっかり秋も深まってきて、ウロコ雲がきれいだなー、とか、ホオズキがかわいいなー、とか、金木犀の香りが漂ってきたり、先日の中秋の名月も美しかったし、最近は、一層響くようになった、虫の声を聞きながら眠るのが日課になっています。

そんな中、劇団四季の「アンデルセン」を見に行ってきました。四季は2回目。すごーく後ろの席でしたが、たまたま?私の席の前後左右にお客さんが誰もいなかったので、とてもリラックスして見られました。思っていたのと少し違った感じのお話でしたが、ミュージカル久しぶりだったので、楽しかったです。ミュージカルでなくてもいいので、機会があれば、またお芝居というか、舞台もの見に行きたいですね。やっぱ舞台おもしろいです。そうそう、こういう類いの劇を見に行くと、ついつい舞台セットが気になって見てしまいます。今回もすごくよく出来ていて、特に人魚姫のシーンで、天井から吊るしてあった海草(だと思うのですが)が、ザーっと下がってきて、荒れ狂う海の大波に変わる所は「おおーっ!なるほど!これはすごい!」と感心してしまいました。他にも色々な舞台装置が効率良く効果 的に使ってあって、それだけでも楽しかったです。

来月から始まる高松の豆本展に今年も参加します。こちらもよろしくお願いいたします。
















Copyright (C) honoka All rights reserved.