HITORIGOTO
思いついたことを気ままにツラツラと綴るページです。

 6月突入 と 新刊お披露目vv

2019.6.1(土)

GWが終わってバタバタしていたら、いつの間にか6月になっておりました…。本当に、なんで時間の過ぎるのはこんなに早いのでしょうか(汗)
さてさて、5月に続いて、新刊お披露目です!おおおー。すごいですねー。2ヶ月連続!がんばりましたー。

『堕天使のTAMAGO』

むかしむかし、大天使ルシファーが神様に反逆して天界を追われた時に、約三分の一の天使達が一緒に落とされたそうな。で、その中に「あー、なんでこんなこと、しちゃったんだろう?」と、自分の行いを後悔してしくしく泣き出した堕天使が、あまりの悲しみで自らの命を止め仮死状態にになり、世界各地へ散らばった。TAMAGOになった堕天使たちは、今も地上のどこかでひっそりと眠っている…。

で、その「堕天使のTAMAGO」を上手に育てて、守護天使にしましょう。という本です。飼育に必要なキット付き。スターターセットは、「TAMAGO」と「手引き書」と「天使の寝床」「天使遊戯」「羽根布団」と「綿枕」が入っています。以前作った「つくよみ」が「函モノガタリ」になっていたので、これはその第二弾といったところでしょうか。本屋さんで最近よく見かける「毎号送られて来るキットを使って自分で○○を作りましょう」みたいな本をイメージして作ってみました。ちなみに、「TAMAGO」(ミニドール)の髪の色は全部で4種類あって、ランダムに入れてあります。

内容を考えるのは大変楽しかったです。レトロっぽい和風な感じを目指してみました(笑)箱の色はすぐ決まったのですが、大問題だったのが表紙…。キーワードが堕天使なので、やっぱ、ふわふわした感じの素材がいいよな〜、と思い色々探したのですが、まー、良いのが無くて。で結局風合いや厚みがもうコレしか無いだろう、というソフトウーペにしました。したんですけど、この紙がね〜。結構良いお値段で!もしかすると今まで使った紙の中で一番お高いかも(1ミリも無駄 にはできない 汗)まあ、仕方が無いんですけれど。でも、イメージにぴったりだったし、これを選んで良かったです。(いつ廃盤になるかひやひやです…汗)

ところで。この前 「最近作った本て、表紙がみんな白っぽいような…?」ということを書いて、「ちなみに次は白にはなりません」とかも書いたのですが、しっかり「白」でしたー(笑)いや、白というか、名目上はクリーム色なんですが、遠目で見るとやっぱり「白」にしか見えないですねー。ははは。今月5日から始まるMOTOYAさんでの展示会にて初売りとなります。他にも素敵な本が展示されますので是非お出かけください〜。

【お知らせ】7月に開催される、メゾンドネコさんでの展示会「豆本の宇宙2019」に、今年も参加させて頂きます。ワークショプもあるので、こちらもチェックしてみてください。

そんなわけで、7月のイベントに向けて絶賛製本中です。最近、作業のし過ぎ?で、ちょっと右腕の筋が痛いという…。湿布したり温めたりマッサージしたり、色々してますが、なかなか治らないんですわー。うーん。一度に作る数を減らさないとダメかもなー。作り方も試行錯誤ですね。


 コミティア終了しました

2019.5.13(月)


昨日のコミティアは、無事に終了いたしました。ご来場頂いたみなさま、スタッフのみなさま、そしてサークルのみなさま、お疲れ様でした!はじめての会場で、ちょっとドキドキしましたが、いや、何が良いって、駅から近い!!!(ホームも広い!!)もう、ずっとこっちでやって欲しいですわ。ところで、この5月のコミティアって、実は3年ぶりなんですよ。2017年は用事で出られず、去年は体調不良でドタキャン。なので、2016年以来だったんですねー。すっかり忘れていました(汗)で、その3年ぶりのイベントですが、今回も、いつも来てくれる方をはじめ、一目惚れしました〜、と買って頂いたお客さま、どうやって作っているのか、どのくらい時間がかかるのか?と、詳しくお話をさせてもらったりで、あっという間の5時間でした。 楽しい1日を過ごさせていただき、本当にありがとうございました!次のコミティア参加は11月になります。

さて、ビッグサイトでのイベントは、いつも東京駅→新木場→国際展示場、なのですが、今回青海展示棟ということで、逆回りしてみました。つまり、東京→大井町→東京テレポートの順ですね。何でかと言うと、毎回、毎回思っていたのですが、東京駅の京葉線乗り場が「とにかく遠い」んですよ。重い荷物を引っ張って、あの道程を10分以上も歩くのがちょっと辛くなってきまして。で、逆回りにしてみました。かなり楽でした(笑)とはいえ、大井町のりんかい線乗り場が、思いのほか「下る」のにちょっと驚き。京葉線が苦手な理由のひとつに「遠い」のもあるけど、もうひとつ「深い」んですよね。エスカレーターで何回降りるんだ?っていうくらいで、今自分が地下何メートルにいるのかもわからない。もし、今地震がおきたらどうしよう?!みたいな恐怖感があって、あの辺りはいつも早歩きでした(笑)無事に地上へ出られるとほっとしましたから。なので、大井町も結構「下る」のに驚いたわけです。結局、りんかい線自体が、深いところを走っているんでしょうね。ただ、歩く距離は短いし、東京駅まで座れたので、こっちがいいかなー、と。まあ、夏は人数の規模が違うので、何ともいえませんが。

6月に開催される「BOOK+」に、今年も参加します。ワークショップもあるので、ぜひお出かけください。


 新刊お披露目vv

2019.5.6(月)

10連休もあっという間に過ぎ去り、元号も変わって、気づけば今日は立夏。どうりで何となくムシムシするわけですね。

さてさて、ようやく新刊が完成いたしました。『お伽の国の素敵な贈り物』。ざっくり言うと、『お伽の国のギフトカタログ」です。結婚式などでもらってくるギフトカタログが、お伽の国にもあったらこんな感じかな〜?と、想像して作ってみました。各ページに、商品見本がポップアップになって付いています。お好きな品物を選んで、巻末の専用葉書でお申し込み下さい☆

こんな商品があったらおもしろいなぁ〜、と内容を考えたりイラストを描くのが楽しかったです。最初は普通 の四角い本でしたが、それではつまらないなー、ということで、まさかの楕円形に…。以前、アリスクリンで円形のポップアップを作りましたが、あれは本文を作ってから、仕掛けを貼り込んでいくのですが、今回は各ページに直接切り込みを入れて仕掛けを作っているので、本文の製本がものすごーく、大変でした(汗)表紙は白のきらびきに、箱と同じ紙を背に使って継ぎ表紙にしました。厚めの板紙を台紙にしているので、当然ながらこれを楕円形に手で1枚ずつ切り抜くと、結構大変な作業になるわけで…(汗) 色々と想像しながら読んでもらえたら嬉しいです。今週末のコミティアで初売りとなります。 ぜひお手にとって見てみて下さいませ〜。

HPを作っている時に、ふと気づいたのですが、ギャラリーのページ、ズラーっと既刊が並んでいる中で、「あれ?なんか、最近作った本て、表紙がみんな白っぽいような…?」いやいや、「白っぽい」んじゃなくて、「白い」ですよ。『銀星館』をはさんで、『かくれんぼ』から5冊連続で表紙が『白』!!!うーわー、全然気づかなかったわー。びっくり。もちろん偶然です。そうそう、今回の表紙は本当はピンクにしたかったんですよ。でも、きらびきにピンクは無くて、他の紙だと厚すぎちゃって、使えなかったんだよね。それにしても見事に白が並んだなー。 何か心理的な?なにかがあったりするのだろーか?? ちなみに次は白にはなりません(笑)

連休バタバタしてたら、イベントまでもう5日しか無い(汗)まだディスプレイも考えてないし、梱包もして無い…。ちょっとギア上げていかないとー(今さらですが 笑)


 近況報告

2019.4.26(金)

多忙につき、放置状態ですみません…。 気づけば平成もあと4日あまりなんですね〜。改元のニュースをきいた時は、徐々に感慨深くなったりするのかなー?なんて思っていましたが、いやいや、まったくそんな余裕すら無いという…。新刊とイベントの準備でいっぱいいっぱいで、まあ、いつもと同じような流れですね。サクラも終わって、庭にはたくさんのお花が咲き競っていて、1年の中でも一番いい時季なのに、ゆっくり見ているヒマも無い(汗) 結局今年もちゃんとしたお花見ができなかったわー。

新刊はほぼ完成しました。あとは箱のラベルデザインだけかな。連休明けには、アップしたいと思っております。来月のコミティアのスペース、会場の都合で抽選通 るか微妙だったのですが、なんとか頂けました。「P28b」です。今回は、青梅展示棟での開催です。駅から近くてうれしい…。かなーり、すみっこの方ですが、お立寄り頂ければうれしいです。

相変わらず、ジェットコースターみたいなお天気に振り回されて、体調管理に四苦八苦です。つい先日は28℃まで上がり、明日は10℃って、もうあり得ないですよね…。どうぞ、みなさまもお身体ご自愛ください。


 赤と白のしあわせ色

2019.3.28(木)

−ということで、ショートケーキ作りました。15cmの型だったので高さがあんまり無かったのですが、欲張って3分割にしました。イチゴもスライスではなく、ゴーカに半分にカット。おかげで想像以上に高くなってしまい、デコレーションしているうちに、だんだん左に傾いてしまったという…。甘さ控えめでスポンジも美味しくできましたよ。もう少し、しっとり作りたかったんですが、その辺りは今後の課題ということで。スポンジとイチゴとクリームと、本当にシンプルなケーキですが、パッと見ただけで、しあわせな気分になる、不思議なケーキですね。ごちそうさまでした〜。


新刊は、データ出しして、2回目の直しをしているところ。画像を少し直して、本紙で刷って良ければそのまま本刷りに入りたい。細かい直しやサイズの調整、箱とのバランスなんかもやりつつ、来月上旬くらいには完成させる予定です。工程としては、一番大詰めのところで、気持ち的には1日も早く完成させたいのですが、大体この辺りになって「あっ!ここはもう少しこうした方がいいかも〜」などどいう事が、ひとつふたつ、出て来るんですね。で、「ここまで来てなんで今ごろ思いつくのよ〜」って、なりがちですが、焦る気持ちをぐぐっとこらえて「まあ、まだ何とか間にあうでしょ」と、直しを入れるんですね。この辺が頑張りどころというか、この一手間が大事というか。いつも葛藤するところであります。


庭の梅が、よーやく、すこーし、ほころび始めました。少しずつ春は近づいているようです。

 暑さ寒さも…

2019.3.20(水)

久しぶりの更新です。 相変わらず、制作の日々です。

庭のすみっこに、マツユキソウの白い花がひっそりと咲いて、畑の福寿草や水仙が黄色い顔を見せてくれ、ようやく春めいて来たなぁ〜と、思っていたら、どかっと雪が降りつもり…。そうかと思えば、今日は初夏のような暑さ…。体調を崩さないのが不思議なくらいです。世間では早くもサクラの開花宣言などと騒がれておりますが、我が家はまだ梅も咲いていません。今日明日くらいには、咲くかな〜。まだまだ地味な庭ですが、チューリップの芽がニョキニョキと伸びているし、カウスリップやプリムローズも新しい若葉がしっかり生えてきています。あと一ヵ月もしたら、素敵な花畑になっていることでしょう。

新刊のデータが大体完成したので、印刷して実際に組み立てようかと。直しをしたあと、本紙で作ってみて問題がなければ、GO!です。あー、やっとここまできた。いやいや、まだ気が抜けません。イベントまで二ヵ月切ったしなぁ。ちょっとペースを上げないと。というか、5月のティアは、会場が変わる都合で、1000サークルほど落選するらしい…。うーん。大丈夫だろうか。まあ、運に任せるしかないんだけど。ともかく、引き続き制作がんばります〜。

最近、夜になるとすぐに眠くなってしまいます。春のせいなのか、年のせいなのか。
あー、いちごのショートケーキ食べたいなー。
「運び屋」見て来ました。90才近くでも、イーストウッドはかっこいい。良い映画でした。


 くるみのクランブルレアチーズケーキ

2019.2.27(水)

更新しなきゃ、更新しなきゃ、と、思いつつ、日々の作業に追われてあっという間に2月も終わり…。スーパームーンがきれいだったわー、とか、もう雨水なのねー、とか、書くひまもございません(汗)

以前本屋さんで見かけて「うわー、美味しそー」と、一目惚れして買って来た本に載っていた「くるみのクランブルレアチーズケーキ」を作ってみました。勢いで買って来たので、いざ家でゆっくり読んでみると「カソナードってなに?」とか「洋梨の蒸留酒ってなに??」とか、「バニラエクストラクトってなにー???」などなど、聞いた事もないような材料が…。そんなもん近所のスーパーなんかに売ってるわけないし(一応街中まで見に行ったけど結局無かった)まあネットでも買えるんですが、面 倒なので、そこはもう代用品で。カソナードは三温糖で、洋梨うんぬ んはキルシュで、バニラなんとかはバニラオイルに変更しましたよ。本当はセルクル使うんですが当然そんなの持って無いので、普通 のケーキ型で。まずまず美味しくできました。結構濃厚です。ワインと一緒に食べたら合いそうです(飲めないけど)普通 のチーズケーキは、とにかくクリームチーズを練るのが大変なんですが、これは全部湯せんで混ぜるので、すごーく楽です。


新刊はだいぶデータが出来て来て、あと1、2回直したら、イラストの本描きに入れそうです。今日、紙の注文をして来ました。新しい紙を見ると、テンションが上がって、制作の方もわくわくしてきますね。もちろん、その分お札が数枚飛んで行きますけれど…(汗)


結局今年の冬は、あまり雪も降らず、やっぱり暖冬でしたねー。土手にオオイヌノフグリが咲いていたり、ほんのり風も暖かくなって土のにおいが混ざってくると、「春だなー」って思います。3月は卒業式やら転勤、移動?のシーズン。色々忙しく、バタバタ、あっという間に過ぎそうですね。

 気分転換にアリスを

2019.2.11(月)

お寒うございます…。立春を過ぎて、あっという間に一週間が過ぎてしまいました。相変わらず、制作の日々です。5月と6月のイベント用に、2冊同時進行で作っているのですが、そのうちの1冊がちょっと…。これまでも何度も内容やレイアウトを変更してきたものの、もう少し時間をかけて練り直したいなぁ、なんて思ってしまいまして。いや、まだ時間はあるので、間に合わない事もないんですが、既刊も少し作らないといけないし、何より、あわてて作るのが一番まずいというか。かなり前から暖めてきた話なので、もうちょっと時間をかけて丁寧に作り込みたいなー。とりあえず、もう一方の方を進めて、既刊作ってそれから、かな。


10年くらい前に、あるイベントで買った(もはや説明もいらないと思いますが)ロバート・サブダ氏のアリスの仕掛けキットです。ずーーーっとほったらかしにしていたのですが、さすがにまずいわー、ってことで、ちょっと気分転換に作ってみました。組み立てるのはそんなに苦労しなかったのですが、パーツを切り出すのが結構大変でした(汗)サブダ氏の作品は、以前何度も見た事があって、一体どうやってこの仕掛けが出来ているのか、本当に不思議で不思議で。一部ではありますが、実際に自分で作ってみると、あ〜、なるほど〜、と、その計算された素晴らしい仕掛けに驚きです。本当によく出来ているわー。ここまで作り込むのに、一体どれくらい紙と格闘(?)したんだろうなー。考えただけで頭が下がります。


最近嬉しかったこと。縞田理理さんの『ラノン』が14年ぶりに復活したこと〜。しかも、しばらく続けて書いて頂けそうなこと。もー、滅茶苦茶嬉しい。なにせ、この『ラノン』をたまたま本屋で立ち読みしてそのまま買って帰って一気に読んでファンになったという。それくらいに大好きなお話。それと、紫堂恭子さんの『逃げる少女』が去年から連載されているのですが、これ、『辺境警備』の続編で、2年後の設定。で、今月号にカイルさんが!うーわー、久しぶりー…。23年ぶり??いやー、こっちも続きが楽しみですわーvvv




































Copyright (C) honoka All rights reserved.