HITORIGOTO
思いついたことを気ままにツラツラと綴るページです。

 クランペット

2018.2.9(金)


気がついたら、2月になっていて、節分に恵方巻きを食べ、皆既月食のほの暗い赤い色に驚き、立春寒波で大雪だ寒いわと言っていたら、今の家に住んで30年以上たつけど、お風呂場の水道が凍るという珍事がおこり大騒ぎ。そんな中、諏訪湖のお御渡りが5年ぶりに認定されて「よかったね〜」と言っていたら、オリンピックが始まって、そういえば長野オリンピックからちょうど20周年だわ、善光寺の灯明まつりがきれいだわ、と、なんか、もう怒濤のように日々が過ぎていっています…。

なかなか小説を読む時間がとれないのですが、時々無性に「活字」に飢える時があります。昔から好きな作家さんの中に縞田理理さんがいます。出世作の「霧の日にはラノンが視える」の一話目を、たまたま本屋さんで立ち読みして一目惚れ。以来ずっとファンです。ただ、忙しさにかまけて、チェックができず、たま〜に調べると「えっ!もうこんなに本が出てる!」とあわてて注文するということもしばしばで。最近もそういうことになったのですが、そのお話が文庫にならないという事を知り、それこそ大慌てで雑誌のバックナンバーを注文し無事に入手しました。(下の記事で本屋でもめていたのはコレのことです)

「トロイとイーライ 魔法学校のフェローたち」という作品。なにがすごいって、この作品、挿絵が上記の「ラノン」の時のねぎしきょうこさんだったものだから、予告の時からものすごく楽しみにしていたのです。お話はもちろん、絵もすてきで、一気に読んでしまいましたー。前後編でしたが、もっとたくさん読みたかったわー。シリーズ化してくれないかな〜。で、やっと本題。そのお話の中に出て来る食べ物に「クランペット」というのがあるのです。文章だけ読んでもすごく美味しそうで、一体クランペットとは何ぞや?というわけで調べて作ってみました!クランペット!


簡単に言うと、パン生地をフライパンで焼いたもの、みたいな感じ。本当は丸いセルクル型に入れて焼くらしいのですが、そんなものは無いので直接おたまですくって焼きました。粉の配合も色々あるみたいで、今回は薄力粉と強力粉を半分ずつ入れてみました。熱々の焼立てにバターをたっぷり乗せて、はちみつをかけて食べるのがおすすめ。もちもちしていて美味しかったです。

冬は参加するイベントがありません。ありませんが、イベントの申し込みが立て続けにあります。おかげでお財布があっという間に軽くなります…。 どこにも出かけていないのに、出費が増えるのは何でだろう?と首をかしげながら、新刊用のイラストを描き描きしています。最近、本当に日が長くなりましたね。寒さは当分続きますが、日々強くなる日射しに、春をちょっとずつ感じています。


 残りものでモンブラン

2018.1.12(金)














































おせちの「くりきんとん」で残っていた栗を使って、モンブランを作ってみました。本来はマロンペーストなるものを使うのですが(少し茶色っぽいやつ)「くりきんとん」用のシロップ漬けのくりを使うので、まず水でざーっと洗ってフードプロセッサーで細かくして、お水を少し足してペースト状にして、裏ごし。それでも結構甘めなので、ホイップクリームをレシピより多めに混ぜてみました。おお、これくらいなら全然しつこくないし、甘さも丁度良いわー。モンブラン用の絞り口金が無かったので、普通 のデコレーション用でにゅるにゅる〜っと。上に残しておいた栗と黒豆(これもお正月の残り物)と胡桃をローストしたものを飾り、粉砂糖をふって完成〜。ぱちぱちぱち。

下は半分にカットしたところ。土台は卵と砂糖とアーモンドプードルを混ぜてアルミの型に入れてオーブンで焼いたもの。真ん中は、栗ペースト(ホイップを足す前のもの)にローストした胡桃を砕いて混ぜ、丸めたもの。そのまわりに生クリームを盛り、最後に栗クリームを飾りました。かなーり適当に作ったのですが、甘さ控えめで美味しく出来ましたvvv 

お正月もあっという間に終わり、七草がゆを食べ、昨日は鏡開きで昔はお供えのお持ちを金づちで割っておりましたが(汗)最近はプラスチックのお餅ケースの中に切り餅が入っているのでそれを出すだけ、という、なんとも便利なような、風情がないような。成人の日が15日では無くなって、どんど焼きも地区ごとに日程がばらばらになり、あまり見かけなくなりましたね。こちらもちょっぴり寂しいような。

先日、駅前の大きな本屋さんへ行き、単行本と雑誌を注文したのですが、何をそんなにやっているのかわからないけど、ずーっとパソコンでかちゃかちゃやっていて、つい2ヵ月前に出たばかりの最新号の雑誌を「すみません。この雑誌見当たらないのですが」「え、在庫が無いんですか?」「いえ、雑誌自体が存在しないんですが」とわけの分からないことを言い、出版社のサイトにはバックナンバーがありましたよ、と言うとようやく「あ、ありました」って、大丈夫か?!その後も延々待たされて、結局乗るはずのバス時間に間に合わず(汗) 本3冊注文するのに25分かかるって、どうなんだろう? 同じ系列の別の店鋪は、注文用紙にタイトルと名前と電話番号を書けば「入荷次第電話します」で5分で済むんだけど。専門的なことはわからないけれど、便利なのか不便なのか、よくわからないわー、と、ちょっとイライラしてしまったのでした。


 よろしくお願いいたします

2018.1.5(金)
























昨日はクラクサの2018年の開店日&お店番でした。で、その前に毎年恒例の初詣をしてきました。薄日もさしていたのですが、着いた頃には結構雪が舞っていました。下記は東側から撮った雪景色の善光寺本堂です。お天気の割には人出も結構あって、特に目立ったのが高校や大学の運動部の団体さん。観光客も思ったより多かった気がします。

さてさて、そんな中これまた恒例のおみくじ〜。なんと今年は「大吉」!!!おおおー!こいつは春から縁起がいいじゃないの!初詣で「大吉」は初めてかも。とはいえ、うかうかしていると大変なことになるらしいので、気を引き締めて行きたいと思います。

去年の目標は確か「いろいろとちゃんとする」だったのですが、自分的に半分くらいしか出来なかったので、今年は残りの半分を何とかしようかと。豆本は去年1冊しか作れなかったので、今年は最低2冊は作りたいですね。あとは引き続き「月に一度お蕎麦を食べる」と「生(LIVE)にこだわる」をできるだけ実行していきたいです。そんなこんなで、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


 総括

2017.12.29(金)


クラクサの展示は無事に終了いたしました。ご来店頂いたみなさま、お買い上げ頂いたみなさま、ありがとうございました。現在は「縁起物の箸置き」展が始まっています。縁起物の形にカットされた可愛い木の箸置きは見ているだけでも楽しいですよ。八角箸も合わせて販売しておりますので、贈り物にいかがでしょうか。

さて、今年もあっという間でしたね。自分的にはまず、iMacに乗り替えて、それに伴いネット環境を新しくしたりHPも作り直したりと、とにかく春先は忙しかったです。クラクサもお店の経営体勢が少し変わったりしました。あとは自分の体調面 ですかね〜。今年は特に変化が激しかったので、体力的にも精神的にもちょっと大変でした。今はだいぶ落ち着きましたが、もう少し続きそうです。そんなこんなで、結局新刊は1冊しか出せませんでした。うーん。来年はもうちょっと頑張りたいですね。

あとは、夏に池田理代子さんの原画展に行ったり、劇団四季のミュージカルを見たりしました。ここのところ「生」な物を欲しているようで、(演劇とか舞台とかライブとかの類い)これもしばらく続きそうです。(実は先日も清水の舞台から飛び下りる覚悟で、あるチケットを買ってしまいました!)

今年もたくさんの方にお世話になり、ありがとうございました。この年末年始はお天気が荒れそうとのこと。どうぞ、みなさまご自愛頂いて良いお年をお迎え下さい。


 年の瀬

2017.12.24(日)


今年も残す所、あと一週間あまりとなりました。来週の今ごろは「大晦日」なのですね…。うーん、いまいち実感が無いわ。
今年の冬至は、とても良いお天気で、こんなに穏やかな冬至は久しぶりかもしれません。かぼちゃとあずきにすいとんの入った「いとこ煮」(名前がよくわかりませんが)を食べて、ゆず湯に入りました。寒さはこれからが本番ですが、また少しずつ日が長くなるんだな、と思うと、何となく元気になれるから不思議です。

ご報告が遅くなってしまいましたが、先週の朗読劇「キルケの鍵」は無事に終了しました。はじめて拝見したのですが、とても素敵でした!衣装も凝っていて、雰囲気もすごく良かったです。それにしても、自分で創ったお話がべつの人によって演じられる、というのは何とも不思議な感覚でした。自分の中にあった時とは、また違った世界観というか、別 の命を吹き込まれて生まれ変わった、みたいな、新鮮な感じでした。まあ、若干気恥ずかしさもありましたが(汗)本当に貴重な体験でした。ありがとうございました!

クラクサで開催中の豆本展は、26日(火)までです。今週からコバヤシユウジさんの「縁起物の箸置き」展も始まっています。合わせてご覧下さい。


 鎌倉ものがたり

2017.12.15(金)
























先日、映画「鎌倉ものがたり」を見てきました。市内の映画館だったのですが、久しぶりに行ってびっくり。今までカウンターでチケットを買っていたのに、全部販売機になっていた。これも人件費削減なのでしょうかね。ちょっと寂しいというか、味気ないなぁ、と。映画の方は、まあ、突っ込みどころは多少ありますが(笑)全体的に面 白かったです。あきこさん、かわいかったですね〜。予想外に泣いてしまいました。欲を言えば、黄泉の国(あれ?世界だっけ?)へ行ってからの展開が早かったなーと。個人的には死神が好きです。まだ謎が残っているようだし、続編もあるのかな?楽しい2時間でした。

先週から始まっています「honokaの豆絵本とクリスマス展」。前回写 真を撮りそびれてしまい、昨日撮ってきました。 奥の方にドールハウスが飾ってあります。ミニドールもありますので、手にとってご覧下さい。展示は26日(火)までです。明日16日は15時と16時から「キルケの鍵」の朗読会があります。入場無料なので、お近くにお越しの際はぜひお立寄りくださいませ。

 




















Copyright (C) honoka All rights reserved.