HITORIGOTO
思いついたことを気ままにツラツラと綴るページです。

 春近し

2021.2.28(日)


昨晩の満月は、ことさらに綺麗でした。ニュースでは「スノームーン」と呼ぶと言っていましたが、私的には雪というより、鏡のようにキラキラ輝いて見えました。まあ、それだけ外が寒くて空気も澄みきっているからなんですが。実際、寝る前に見た時は10秒も外に出ていられないほど、キンキンに冷えておりました(汗) とはいえ、2月も今日でおしまい。明日から3月です。寒い寒いと言っても、暦は春に近づいていて、空の星も、冬の星座から春の星座に移ろっていくようです。七十二候でいうと「草木萌動(そうもくめばえいずる)」に当たるので、「草木が芽吹き始める頃」なのですね。最近、畑のすみっこの福寿草が咲き始めました。フキノトウやスノードロップが顔を出すと「あー、春だなぁ」と、しみじみ。そういえば、住んでいる地域によって、春の感じ方にも色々あるそうです。私の場合は、まず「春が近いな〜」と思うのが、陽が長くなったこと。で、雪の中から福寿草が咲いたり、梅のつぼみが少しずつ赤くなったり、庭に来る鳥たちが多くなったり、チューリップや水仙の芽がニョキニョキ生えてきたり。そういうのを見ると「もうすぐ春だな〜」と思います。あ、あとは昔会社に勤めていた頃。帰宅途中で遠くの山に見えていた、ナイトスキーの灯りが見えなくなると「そろそろ冬も終わりかな〜」などと思っていました。最もここ数年は温暖化でそういう色々なものの順番がおかしくなってもいるんですが。(2月に最高気温が19度とか、ありえないし…)結局この冬もこの辺りの雪はあまり多くなかった気がします。まあ、去年よりは多かったけれど。雪かきも数回程度だったし。まだ3月、4月まで気は抜けませんね。

お天気が良すぎて、ピカピカしてしまった(汗)こうやて見ると、小さな太陽みたいですね〜。

  


前回お知らせしたばかりなのですが…。参加予定していた、新潟のコミティアが開催中止となりました。作品もすでに出来上がっていて、あとは梱包して送るだけ〜、だったので、本当に残念です。まあ、こんなご時世ですので仕方がありませんが、2年目となると、さすがにちょっとモチベーションが…。ま、へこんでいても仕方がないので、出来ることをしていこうと思います。とりあえず今は新刊。イラストは下絵がほぼ完成。細かいところを詰めている状態です。それが終わったら清書して…。あ、そうだった。そういえばトレース台が壊れていたんだった…。うーん、こういう時に限って壊れるという…。いや、買い直したいのは山々なんだけどねぇ。今って、ほとんどLEDしか無いんだよね。できれば蛍光灯タイプがいいんだけど。なんでかというと、LEDは「音」がするから。すごく小さいんだけど、高いピーっていう高周波?みたいな音がするんだよね。以前買ったのが薄型のそれで、頭が痛くなって結局、蛍光灯タイプのものに換えてもらったんだけど。さてどうしたものか。 ああ、なんかいろいろ愚痴っぽくなってしまった。すみません(汗)当面 は、好きな小説やら漫画やらアニメを楽しみになんとか頑張ろうと思います(笑)

 ビワの花とたぬきさんケーキ

2021.2.14(日)


夕べの地震はびっくりしました…。最初は風で揺れているのかと思ったくらいで、そのうちだんだん強くなって「地震だ!」と気づいてから、かなり長い間揺れていました。今までに経験したのとはちょっと違って、ゆっくりゆっくり「ゆ〜ら、ゆ〜ら」揺れていたので、もー、気持ちが悪くなってしまって…。三半規管弱いので、マジできつかったです(汗)まだ余震が来るかもしれないとのこと。十分、気をつけましょう。

立春を過ぎて、心なしか陽射しが強くなってきたような気がします。今日はぽかぽか陽気で、久しぶりにお布団を干しました。まだまだ花が咲かない梅の木に、ボケたリンゴを刺しておくと、スズメやヒヨドリが来て上手に食べます。そういえば、この前きれいな鳴き声の鳥が来てるなぁ〜、と思って庭を見たら、シジュウカラが二羽(もしかしたらツガイかも)来ていました。もう少し暖かくなって梅が咲くころには、メジロが来てくれるかもしれません。

ものすごーく昔、ビワの種を面白半分に植木鉢に植えたら、芽が出て「おおーっ」と盛り上がり、その後すっかり忘れて庭の隅に放っておかれたものが、いつの間にか結構な大きさに育っていて、立派な実までつけていてビックリしたことがありました。確か一度写 真をアップしたような。で、そのビワの花が咲きました。というか、去年の12月くらいからポツポツ咲いていたのですが、なんというか、ものすごく地味に咲くのです。やっと撮影できた感じ。本当は、つぼみのうちにいくつか間引かないといけないらしいのですが、結局そのまんま…。うーん、ちゃんと実がなるんだろうか。


一昨日は、久々に街へお出かけ。土日は避けたかったので、平日でお天気が良い日を待っていたのですが、もうこの日しか無さそう、ってことでチャリでぱぱーっと、回ってきました。図書館行って返して借りて、銀行やら郵便局やら行って、ドンキ行って無印行って、時計の電池交換して、イベント終了3日前で完売続出の中、チョコ買って、一番最後に「たぬ きさんケーキ」を買って帰ってきました。この前、某テレビ番組を見て食べたくなってしまったという…(汗)はじめて食べましたが、美味しかったです!バタークリーム(なつかしい…)とチョコスポンジが絶妙でした。左上はバナナケーキです。こちらも美味でしたvvv   


ひとつお知らせです。3月に開催予定の「新潟コミティア53」に委託参加します。直接参加のイベントはまだ難しいですが、委託できるところは小まめに参加しようと思っています。今のところ「みちのくコミティア7」にも参加予定。北海道は検討中です。随時決まり次第お知らせいたします。

図書館から駅に行く途中、中央通りの八幡屋磯五郎さんのお店付近で、ものすごい車を発見。トラックの荷台にでっかい七味缶 が、どーーーんっ、と乗っていたんですよ!!思わず2度見しましたよ。スマホとかカメラとか持っていたら絶対写 真撮ったのですが…。あとで調べたら「くるま缶」というのだそうで。配達用の車らしいです。いやー、びっくりしたわ。あ、一缶 買ってくれば良かった。

 近況

2021.1.31(日)


気がつけば、もう1月も最終日で。お久しぶりの更新です。すみません。何をしていたのかというと、新刊のお話を作っておりました。コピー用紙の両面 に、ひたすら書きまくり、赤ペンで直しを入れまた書き直し、また赤ペンで直しを入れまた書き直し……というのを、延々とやっておりました…。疲れたー。当分文字は見たく無い…。いやいや、まだ何も始まってないから。これからパソコンで打ち込んで、何回か手直ししてようやく次の工程へ…。今度はイラストを描かねば。ということで、明日、図書館へ資料調べに行く予定です。(お天気が心配だわー)

某テレビ番組でやっていた、ウクライナのパンケーキ「Sirniki」(シルニキ)が、とっても美味しそうで、食べたいなぁ〜、と。実はコレ、カッテージチーズを使っているのです。カッテージチーズってちょっと高いなーっていうイメージがあって、調べたら自分でも作れるらしい。じゃあ作ってしまえ、ということで。(以下写 真参照)


じゃん。作ってみました。カッテージチーズ。レシピはものすごく簡単。牛乳1リットルをお鍋に入れ、沸騰直前で火を止め、お酢を大さじ4杯入れ、1、2分かき混ぜると、モロモロしてくるので、ザルにキッチンペーパーを2枚くらい敷いてその上にモロモロした牛乳を開けてこします。で、1時間ほどたったら完成〜。これで大体200gくらいです。塩を少し入れてもいいみたいです。サラダやスイーツに使っても。お酢は米酢を使いましたが、レモンとか柑橘系のものを入れると、少しやわらかくなるそうです。さてさて、このカッテージチーズを使って、シルニキを作ります。

材料:7cmくらいのパンケーキが10枚くらい
    カッテージチーズ 200g
    卵        1個
    小麦粉      大さじ2
    砂糖       大さじ2
    塩        少々

作り方:
ボールにカッテージチーズと卵を入れよく混ぜる。小麦粉、砂糖、塩の順に入れてそれぞれよく混ぜる。混ぜる時は泡だて器を使いました。最初生地がくっついてしまいますが、頑張って混ぜるとだんだんやりやすくなります。生地が出来たら、まな板に小麦粉で打ち粉をして、生地を細長くのばして、5cmくらいに切って丸め、少し平べったくしたら、バターをひいたフライパンで焼いて完成〜。なのですが、私がやった時は生地が柔らかすぎて、のばせなかったので、直接手で丸めて焼きました。水を少し手に付けると、扱いやすくなります。お好みでナッツや干しぶどうを入れても。サワークリームとメイプルシロップ、ハチミツを添えてどうぞ。       


以前、イギリスのパンケーキ「クランペット」を作ったことがありますが、こちらはイーストを使って発酵させて焼くのに対し「シルニキ」は、混ぜて焼くだけなのでとてもお手軽です。ほぼ、チーズを食べているみたいですが、口当たりがとても軽くて美味しかったですvvそうそう、カッテージチーズを作った時に、こした汁「ホエー」が余るのですが、この日はこれで酸辣湯(サンラータン)を作りました。まだ余ったので翌日のお味噌汁にも再利用〜。牛乳1リットルで、シルニキ、サンラータン、お味噌汁と三度美味しい、お話でした。

あー、もう2月じゃないですかー。っていうか、立春だ。はや。いや、その前に節分か。豆もいいけど、チョコ食べたいわ。

 よろしくお願いいたします

2021.1.8(金)


年が明けて、早一週間。この年末は、どっぷり読書に勤しんでおりました。おかげですっかりご挨拶が遅れてしまいましたが、そろそろ活動を始めないとまずいかも…(汗) 昨日は七草で、おかゆを頂きました。小寒を過ぎたばかりだというのに、今日明日はどうやら真冬日になりそうで。今も、粉雪のような、細かい雪がしんしんと降っています。うーん。午前中に一回雪かきしないとダメかなぁ。これだけ寒かったら、今年は御神渡りができるかもしれないなー。あ、でも雪もある程度降らないとダメなんだっけ。

すでにお正月っていう気分ではないので、載せようかどうしようか迷ったのですが…。毎年作っているお料理プレート。まあ、せっかく写 真撮ったので。今年はこんな感じになりました。


左上から時計回りに、ローストビーフ、マチェドニア、カニカマの天ぷら、ドライフルーツとミントのクリームチーズ。

ローストビーフは、初めて作りました。塩コショウをすり込んで、フライパンで焼いた後にお湯に付けておくだけなんですが、思のほか上手く出来たんじゃないかと。当日食べきれなかった分は、後でサンドイッチにして美味しく頂きました。

マチェドニアはイタリア版フルーツポンチのことで、お好みのフルーツをカットして、グラニュー糖、ライムの皮としぼり汁に漬けたものです。とても爽やかで、漬け汁を炭酸で割ったり、漬けたフルーツとアイスクリームを合わせても美味しいです。

ちょっとお高いカニカマを、青のり、ごまを混ぜて天ぷらにしました。目をつむって食べると、ホントにカニっぽいです。日本のカニカマ、すごいです。

ドライフルーツ、アーモンド、ミントの葉をみじん切りにして、レモン汁とクリームチーズを混ぜた物。1日ほど冷蔵庫で寝かせると、味が染みていい感じになります。ちょっとしたおつまみにお勧めです。

一気読みしたかった文庫本を、ずーっと読んでいたので、いいかげん手を動かさないといけませんね。今年もまったく先が見えませんが、出来ることをコツコツやろうと思います。直接参加のイベントは、なかなか難しそうですけれど、委託はバンバン参加しますよ!もちろん、新刊も作ります。今年は2冊か、頑張って3冊くらい出せたらいいなぁ。現在同時進行で作業を進めています。そうだ。それで資料調べに月末に図書館へ行きたかったんだけどなー。まだ大丈夫だとは思うけれど。いきなり「閉館」したりしないよな〜。長野も感染者数増えてるし…。

なにはともあれ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今年もお世話になりました

2020.12.26(土)


メゾンドネコさんで開催されていた「豆本の宇宙」は、無事に終了いたしました。このような状況の中、足を運んで頂いた皆様、お買上頂いた皆様、設営、搬出にご協力頂いた作家の皆様、ありがとうございました。 そして何より、様々な制約がある中で、展示会を開催していただいたオーナー様には、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

クリスマスに作ったお菓子。チョコブラウニー、ジンジャークッキー、ルシアン。


今年をふり返ってみるに、結局、直接参加のイベントは一度も出られなかったせいか、なんか、あっという間の1年でしたね。そのかわりに委託でいくつかの展示会に参加したり、通 販を実施したり、リモートの体験ができたことは、とても良かったと思います。それにより、新しいご縁を持つこともできましたし。とはいえ、やはり顔と顔を合わせて、というコミュニケーションができないのは、微妙に物足りない感じもしました。

色々な事が今までとは違った形での1年でしたが、様々な形で関わって頂けた方々に、心よりお礼申し上げます。来年はどうなるのか、まったくわかりませんが、自分にできる事を考えながら、作品を作っていこうと思っています。

今年も1年間、サイトを見て頂きまして、ありがとうございました。年末年始は、寒さがかなり厳しそうですね(汗)どうぞご自愛頂いて、みなさま、良いお年をお迎えください。

 人は自分に必要なものを 無意識のうちに選んでいる

2020.12.20(日)


映画『魔女がいっぱい』を観てきました。たまたま映画館のサイトをチェックしていて見つけました。監督はロバート・ゼメキス。原作はロアルド・ダール!(おお。チョコレート工場ね)この時点では行くかどうか、まだ迷っていたのですが。脚本・製作の中にまさかの、ギレルモ・デル・トロが!!!これはもう行くしかないわ。とはいえ、すでに師走の押し迫った時期。割引になる曜日は決まっているし、お天気も先は読めない。というか、いつまで上映してくれるかもわからない…。ということで、突発でしたが見つけた2日後に行ってきました。

原作が児童書なので、全体的には子供向け?という感じでしたが、ラストは「ああ、そういう考え方もあるのか」とちょっと意外でした。アン・ハサウェイの大魔女っぷりは申し分なく美しかった。でも、せっかくあんなにたくさんの魔女がいたのだから、もう2、3人くらい、クローズアップしても良かったのではないかな〜。ネズミになった3人組のかけあいが面 白くて笑えました。そうそう。魔女の足や手の描写、特にネズミを追いかける魔女の腕が、にゅう〜〜っと伸びるシーンが、ギレルモっぽかったなぁ。(ちょっとパンズ・ラビリンスを思い出した)

ところで、先にも言いましたが、このお話はロアルド・ダールが原作なんですね。で、ネットでちょっと調べたら、大変な事実が判明したという…。なんと、あの『ジャイアント・ピーチ』も!この、ロアルド・ダールが原作だったんですよ!!!『ジャイアント・ピーチ』というのは、原作が『おばけ桃の冒険』といって、ヘンリー・セリック(ナイトメアー・ビフォア・クリスマス)が監督で、実写 とストップモーションアニメを融合して映画化したもので、大大大好きな作品なんです。それが、まさかロアルド・ダールのお話だったなんて…。まったく知らなかった(汗)ああ、恥ずかしい…(汗汗)ちなみに、この時製作に携わっていたティム・バートンが、後に、同じロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』を映画化したのが『チャーリーとチョコレート工場』。知らなかったとはいえ、こんな偶然があるのねぇ、と思いながらネットを読み進めていると、出てきた文字に目を疑ってしまいました。『ファンタスティックMr.FOX』………。「えええェッ?!こ、これも、ロアルド・ダール?!うそでしょー?!」※原題『父さんギツネバンザイ』ウェス・アンダーソン監督のストップモーションアニメ。いつだったか、たまたまテレビで見て、すごく良く出来たお話だな〜、と思っていたのですが…。

「人は自分に必要なものを 無意識のうちに選んでいる」

うん。たぶん、いや、きっとそうなのかもしれない。そういえば、この間本屋さんで「いい感じの表紙だな〜」と思い、ふと手に取ったら、装丁が『クラフト・エヴィング商會』さんだったし…。すでにおわかりかもしれませんが、私はストップモーションアニメが好きです。もともと人形が好きだし。だから人形劇も好き。パペットとかギニョールとか。あ〜、浄瑠璃も見てみたいな〜…。話がズレました。そんなわけで、来週あたりに『ミッシング・リンク』に行く予定。もちろん、感染症対策をしっかりとして、行ってきます!

去年の冬があまりにも暖冬で、ほっとんど雪も降らなくて、ここ数年「楽」をしてきたせいか、今年はマジでやばいです…。まだ12月だというのに、いきなりドカ雪。といっても、クリスマス寒波が来る頃には、まあ降っても不思議ではない。が、がしかし、まだ12月だというのに、最低気温がマイナス7度って!!!いや、下手をするとほぼほぼ真冬日かも…。いやー、これは無いわ。いくら何でも寒すぎ。今からこんなんで、来年の2月頃なんてどうなっているのか。想像もできません。皆さん。どうぞ、どうぞご自愛くださいませ。(雪かきで腰がびみょうにイタイ…)


 新刊お披露目

2020.12.12(土)


ということで、新刊のお披露目です!

『妖し寄席(あやかしよせ)』

『近頃、巷で流行りの「予言獣」たちが集まって、寄席をすることになりました』
そんなお話を思いつき、その番組表(いわゆるプログラム)を作ったら、楽しそうだな〜、と色々想像をめぐらせて作ってみました。ひとくちで予言獣といっても、ネットや図書館で調べたら、まあたくさんいるんですねぇ。きっとまだまだ知らない、地方に伝わる「ご当地予言獣」もいっぱいいるんだろうな〜。とりあえず調べられたものだけ集めて、さて、次は寄席です。なぜ寄席なのか。何を隠そう、予言獣たちに寄席をやらせてみようと思ったのは、「昭和元禄落語心中」を見て「あ〜、寄席いいな〜、寄席行ってみたいよ〜」と、かなりハマっていたから(笑) 寄席の方も歴史や細かい内容を知るにつけ、奥が深いな〜、とますます興味深々に。どの予言獣にどの演目を合わせるかで、とても苦労しました。そもそも予言獣の種類が当初予定していたよりも多くなってしまい、せっかくだし全部載せたいわ!ということで結局ページ数も大幅増に…。何度もレイアウトを変更する事になりました(汗) イラストもがっつり描きました。色々な予言獣を自分なりにデフォルメして、デザインするのが楽しかったです。キャラの主線はガラスペンで。彩 色は全部カラーインクでしました。

番組表(プログラム)なので、パラパラ見られる方がいいかな、ということで両面 折本にすることに。表紙はシンプルにして、箱に窓をつけてタイトルが見えるようにしようと。で、せっかくなので、月と建物のシルエットに切ったらどうかなー?少し難しそうでしたが、試作が上手くいったのでコレで決定。箱は濃い青で、表紙は赤。妖しっぽい雰囲気の「かぐや」を選びました。(最近お気に入りの紙です)箱裏は黄色。濃紺、赤、黄が箱のコンセプトカラー。表紙の帯は、幾つもパターンを印刷して、水につけてぼかしています。なかなか良い感じにならなくて、苦労しました。巻末に「お弁当」「お夜食」「お土産」の引換券がついています。

メゾンドネコさんにて18日から開催の展示会で初売りになります。 楽しんで読んで頂けたらうれしいです。
※コロナ対策により、今回は「豆本展」と「猫の贈り物展」が合同になります。また、会期も18日〜22日までの5日間といつもより短くなっていますのでご注意下さい。


 通販終了しました

2020.12.2(水)


二ヵ月にわたって実施しました通 信販売は、無事に終了いたしました。ご覧頂いた皆様、お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました!また、としょけっとのサイトから見て頂いた皆様も、ありがとうございました!本来であればイベントに参加して、たくさんの人に見て頂く所、オンライン上での通 販は、どれだけ需要があるのか不安もありました。しかし、オンラインだからこそ知る事が出来た、対面 のイベントだったら買えなかった、等々、様々なご意見を頂き、本当にやって良かったと思っています。ささやかではありますが、小さなご縁を持つ事が出来たこと、嬉しく思います。次回はまだ未定ですが、状況を見つつ、また実施したいと思います。

ついに12月に突入しました…。明日、シャクナゲとカルミアと南天に、こも掛けをすれば庭仕事も一段落。(あ、クンシランを家にいれないといけないんだった)木々の葉っぱも落ちて、まわりの風景はすっかりさみしくなりました。モノトーンの色が増す中で、名残りの秋バラやサザンカの赤い花が目をひきます。それもしばらくすれば雪の白一色に染まるのでしょうね。

さて、18日から「メゾンドネコ」さんで開催される展示会が、今年最後の参加イベントになります。ということで、、、、、新刊を出します!!秋頃から少しずつ製作していたのですが、やっと完成しました! 来週くらいにはお披露目出来ると思いますので、もうしばらくお待ち下さい。

年末に向けて、何かとせわしなくなりますが、焦らずゆったりした気持ちで過ごしたい物ですね。
(…と言ったものの、年賀状が〜、大掃除が〜、読んで無い文庫本が〜……汗)






































Copyright (C) honoka All rights reserved.